FC2ブログ
Policy Creator!
某官庁1年生行政官が様々な面において政策を考えるブログです。世界各地の情勢、ITの進化、経済状況、書評等を通して主に政策の批評、提案を書き連ねていきます。 2009年10月半ばから2か月ほど世界一周をする予定なので、そのレポートも行います。
プロフィール

Gichou

Author:Gichou
某官庁、行政官1年目のGichouです。
今年の4月から国家公務員として働き始めました。世界の情勢について、官庁について、IT事情についてなど自分なりの視点で書き綴って参ります。
興味の範囲が、経済政策、新ビジネス、世界・日本旅行、iPhone,iPadなどのガジェットなので、これらについて話題が豊富な予感。
是非ご覧下さい!

面白いと思われたら、ここをクリック!



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



最新記事



最新トラックバック



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



twitter



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



成都出発~成都@世界旅行7日目~
今成都の空港で、これからエアアジアでクアラルンプール(マレーシア)を経由して、シェムリアップ(カンボジア)に行って来ます。
成都のまとめは飛行機の中ででもやりますね!


中国楽しかったよ!再見!

とりあえず、フライトまで時間があまりないので、いくつか写真のっけときます。


道教の寺院の幸せを運ぶ羊の像。つぶやきカメラは絶妙になんかいいコメントチョイスしてくれてるw
幸せ呼んでくれそうだ


共産党のプロパガンダ広告があちこちにあり。他にも全国民族一致団結!とか


錦里という、昔の街並みを再現した観光地


中国風のかっこいいスターバックス
スタバ結構あちらこちらにあります。

それでは次回の記事で!

スポンサーサイト



テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

三国志の都~成都@世界旅行6日目~
こんにちは。昨日から中国成都に来ています。成都は三国志で諸葛孔明が活躍した蜀の都です。今日はその孔明の祠などを見に行こうと思っています。
今泊まっているホテルは

Chengdu - Dragon Town International YH, ChinaNo 26 Kuan Xiang Zi (Lane)Chengdu(成都)

というところで、成都の街並み自体は普通の都市といった感じで面白くないのですが、この宿の前の通りは昔ながらの中国!といった感じで、綺麗だし落ち着く場所です。

ここで三国志の本でも読んで過ごしたい雰囲気。(三国志読んだことないんですが!!)

街並みの写真









最後の写真は、iPhoneのつぶやきカメラというアプリで撮ったもの。勝手に変なコメントが入って面白い笑

昨日の夜は辛くて有名な四川料理を食べました。


蟹の唐辛子鍋。半端なく辛い。50元(650円)

●徒然と思ったこと
中国では、ネットの統制が思った以上に強く、ツイッターやpicasaも見れません。
なのでツイッターのDMはやっぱり見れないので悪しからず。

あと、昨日の記事に書いた味千ラーメンについて、ホリエモンが面白い記事を書いていたので自分なりに紹介しつつ記事化できればなと思っています。それでは!

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

日本の都市の発展性~世界旅行3日目@上海~
昨日の続きです。上海の潜在的な発展性を見て、では東京は、日本の都市はどのような発展の可能性があるか、考えてみます。


(上海パノラマ写真)日本、東京はどう対抗して行くべきなのか。もっというと、日本は上海のように、海外の投資をよびこんで成長することができるのだろうか?
上海のように今後東京や日本各地の人口が大幅に増えて消費が急増したり、地価が跳ね上がることがあまり想定できないので、開発に対して投資を求めることはナンセンスでしょう。

では、日本の持つ成長余力とは何か?

私が考えるに、日本の持つ技術をビジネスにのせて得られる利益が非常に大きくなるのではないでしょうか。そうであれば、技術をもつ個人、または人の所属する会社への投資というものを求めていくべきなのではないでしょうか。

成長余力のある人への投資とはなにか。
アメリカやシンガポールに金が集まっているのは、世界中の優秀な人を集めてきて、人への投資を進めているからです。
しかもグローバル化が進んだ現代では、消費地が近くにあることは必要ではなくなってきているため、消費者を集積していく土地への投資ではなく、生産者への投資をし、世界中の消費者に買ってもらうという形を目指すべきでしょう。
従来のようにそこに住んでいる消費者をあてにして開発という形で投資を呼び込むのではなく、世界の消費者に買ってもらうための、投資を行ってもらうということです。

よって、日本は、上海型の成長をみて焦ることなく、独自に人への投資を進めて成長していくべきでしょう。


テーマ:日本の未来 - ジャンル:政治・経済

部屋がない!?~世界旅行一日目@上海~
無事上海につきました。(現地時間21:30)
空港から中心街まで400キロで走るというリニアは時間が遅くてもう乗れず、空港バスでいくことに。

上海のバス停




上海の空港バスは英語表記もなく、そもそも宿にいくのにどのバスにのればいいかすら、わからない状況。
そのへんのおっちゃんにききつつなんとか宿に到着。(なんと聞いたおっちゃんがたまたま日本人だったりして大助かり!)

宿の名前はShanghai Blue Mountain Youth Hostel

チェックインをしようとしたら、

「予約の記録が見つからないのですが…」と言われる。


な、なんだってー!!

初日にして、上海の路頭に迷うのか俺は…と、思ったら向こうの記録ミスらしく、とりあえず今日は、宿のリビング的なところで寝泊りすることに。

しかも悪いと思ってくれたのか、一泊300円、かつビールおごってもらいました笑


宿無し放浪になるかもというところから、一気に極楽へ。
特にWi-Fiでネット使い放題が素晴らしい!

最近の安宿はIT化がいちじるしいらしく、どこもWi-Fi環境が整備されつつあるらしい。

中東にいった友人も言っていたので、ネットブックやiPhoneの普及の影響が強いのだなと思った。
これから海外を旅される方は、iPhoneとかネットブックは必須かもしれません。
Wi-Fiがつかえると、Skypeで格安で日本の固定電話や携帯電話に電話できるので、その点でもこれら2つは海外の必須アイテムといえましょう。これらに関してはまたレポートしようと思います。

それではまた明日!



あと写真きちんと表示されてますか?
何故かこっちではうまくみえてないので、中国の罠かな?とも思えてしまうので、コメント欄で教えてもらえると助かります(^_^;)

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行





現在の閲覧者数: