FC2ブログ
Policy Creator!
某官庁1年生行政官が様々な面において政策を考えるブログです。世界各地の情勢、ITの進化、経済状況、書評等を通して主に政策の批評、提案を書き連ねていきます。 2009年10月半ばから2か月ほど世界一周をする予定なので、そのレポートも行います。
プロフィール

Gichou

Author:Gichou
某官庁、行政官1年目のGichouです。
今年の4月から国家公務員として働き始めました。世界の情勢について、官庁について、IT事情についてなど自分なりの視点で書き綴って参ります。
興味の範囲が、経済政策、新ビジネス、世界・日本旅行、iPhone,iPadなどのガジェットなので、これらについて話題が豊富な予感。
是非ご覧下さい!

面白いと思われたら、ここをクリック!



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



最新記事



最新トラックバック



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



twitter



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



世界旅行を経て、就職についてふと考えた
世界を歩いて、その地の人や旅人と会話をして多く気づいたことがある。
それは、日本人の働き方と外国人の働き方は全然違うのだなということ。

例えば、同じユースホステルに泊まっていた若いスペイン人は、大学を卒業して就職をせず、世界中を旅行していた。彼は帰ってから職探しをするといいっていた。大学卒業後にすぐ就職する必要は全然ないらしい。

また、インドでたまたま知り合ったアルゼンチン人の40歳くらいの男性は、仕事をやめて世界を旅行していた。彼は、戻ったらまた仕事を見つけるという。

イギリスでは、日本の官僚で、イギリスの官庁に出向している方にお話をうかがった。イギリスでは帝国時代が長かったためか、官庁において外国人が働いていることが普通になっていて、外国人であろうが、イギリス人公務員となんら変わらずイギリス官庁の情報に普通にアクセスして仕事をしているらしい。
また、官庁のポストは、民間・公務員から応募を募るらしく、ようは中途採用が非常に多いため、同期という概念もないらしい。


これらの外国の例と比較して、日本の雇用が特徴的なのは、終身雇用・年功序列制度だろう。
この制度は高度成長時代を通して諸外国から賞賛を受けてきた制度でもあったが、近年は非正規雇用の問題や外国人労働者の問題など、その建前が崩れつつあり、日本の成長力を阻害している要因となっているとの批判もある。

これらの言説を自分なりに整理しようと思い、以下の本を読んでみた。

日本の雇用--ほんとうは何が問題なのか (講談社現代新書)日本の雇用--ほんとうは何が問題なのか (講談社現代新書)
(2009/06/18)
大久保 幸夫

商品詳細を見る



この本は、
1.非正規雇用の増加=貧困層の増加である
2.リーマンショック以降新卒採用は惨憺たる状況である
3.ワークシェアリングは雇用維持の救世主
4.日本はジニ計数からみるに格差が非常に大きい

といったマスコミがよくいう言説を、論理的に間違っていると指摘して、真の問題とその解決策を示す、という構成になっている。


●マスコミの言説の間違い
例えば、1.について以下のように書かれている。

OECDによれば「日本の相対的貧困率は細分配所得ベースで13.5%に上り、先進国ではアメリカについで多い」と、格差が広がっているとされるデータがある。
確かに、非正規社員の年収が正規社員の6割というデータもあり、非正規化が相対的貧困層の増加に関係しているのは間違いない。
しかし、実は相対的貧困層とカウントされる年収200万円以下の雇用者の多くは、実は主婦のパートタイマーであったり、または親と同居しているフリーター、ニートであったりする。実は相対的貧困層=生活に貧窮しているという図式があてはまらないのだ。




上記のように、日本に生活に貧窮している人々は確かだが、それをもって非正規雇用の増加=貧困層の増加 と単純に結びつけては、冷静な問題解決の方法は導き出せない。

非正規雇用によって、むしろ雇用を増加させている側面もあるわけで、非正規雇用の禁止をする、と上記の単純な前提に基づいて政策をうつのは愚行なのではないだろうか。


次回は、では何が本当の問題で、どのような施策が必要なのか、この本の後半のレビューと併せて書こうと思います。



スポンサーサイト



テーマ:貧困問題 - ジャンル:政治・経済

地球のみんな!オラに「目立つ力」をわけてくれ!
『目立つ力』は初めて読んだ勝間和代の本。
twitterで勝間和代をフォローしていて、そこで本人がこの本の宣伝をしていたので買ってみた。

目立つ力 (小学館101新書 49)目立つ力 (小学館101新書 49)
(2009/10/01)
勝間 和代

商品詳細を見る

内容紹介
勝間和代のサクセス体験には、必ずインターネットがあった。
その戦略と戦術を公開し、ネット・リテラシーを、一気に勝間レベルにあげる本。

◎インターネットにつながっていると、私は、まるで機動戦士ガンダムでアムロがモビルスーツを操っているような気分になります。
インターネットを自己表現に使わない人生など、私にはもう考えられません。
ぜひ、みなさんもこの感覚を一刻も早く共有し、
「人生のモビルスーツ」を手に入れてください。
--amazonより引用



これは、ブログやtwitterといった自己表現をするWeb上のツールをうまく使うことで、元来一部の芸能人のような人しかできなかった「目立つ」ことをすることで、自分のミッションを成功させていこうという趣旨の本です。
当ブログの「ブログ開設!」に書いた私のミッションを実現するための教科書として利用できないかと思い購入しました。

さすが元コンサルらしく、Plan・Doの項目にわけ、わかりやすく説明しているなという感想。
例えば、
Plan 戦略を考える
1.コンセプトを決める
2.目的を決める
3.コンテンツ内容を決める
4.読者を想定する
5.差別化を考える

と極めて理路整然とどのようにプランを立てるべきか説明されていて、わかりやすく、十千二移しやすい構成になっています。
もっとも、さっと読める本なので、読むことで得られるものが多いという実感はないが、ここに書かれていることを実践すれば得られるものが出てくるのかもしれない。(たいがいのビジネス書がそうだろうが)
当面は、この本をテキストとして当面のブログ運営をやってみようと思いました。

昨今有名になりつつあるtwitter議員というのは、まさにこの「目立つ力」を利用しようとしている政治家だ。
そこで私が思うのは、twitter官僚ってどうなの?ということ。

次回この目立つ力を参照しつつ、官僚に「目立つ力」は必要なのか、考えてみたいと思います。



あと、どうでもいいですが、「目立つ力」はネット上のいろんな人の支持のもとに形作られるものなので、モビルスーツよりも元気玉のほうがしっくりくる気がします笑(タイトル参照)

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌





現在の閲覧者数: