FC2ブログ
Policy Creator!
某官庁1年生行政官が様々な面において政策を考えるブログです。世界各地の情勢、ITの進化、経済状況、書評等を通して主に政策の批評、提案を書き連ねていきます。 2009年10月半ばから2か月ほど世界一周をする予定なので、そのレポートも行います。
プロフィール

Gichou

Author:Gichou
某官庁、行政官1年目のGichouです。
今年の4月から国家公務員として働き始めました。世界の情勢について、官庁について、IT事情についてなど自分なりの視点で書き綴って参ります。
興味の範囲が、経済政策、新ビジネス、世界・日本旅行、iPhone,iPadなどのガジェットなので、これらについて話題が豊富な予感。
是非ご覧下さい!

面白いと思われたら、ここをクリック!



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



最新記事



最新トラックバック



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



twitter



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



自転車王国デンマーク~コペンハーゲン@世界一周31、32日目~
ストックホルムからコペンハーゲンへ、電車で移動しました。
ユーレイルグローバルパスという、ヨーロッパの多くの国を10日分乗り放題のチケットを日本で購入したので、これ以降はロンドンまですべて鉄道で移動しました。

コペンハーゲンの街並みは、ストックホルムと比べると少々雑然としていて、かつ見所もあまり多いとはいえません。
アンデルセンの童話の人魚姫の像とか、家がきれいな地区があったりとか、そんなものでしょうか。




市庁舎


人魚姫の像


町並みが綺麗な地区

そんな中で特筆すべきことがあるとすれば、コペンハーゲンの自転車のためのインフラの整備が素晴らしいことでしょうか。
どの道路にもほぼ必ず自転車専用道路も敷設されています。アムステルダムも同様でした。



自転車専用道路

しかも、私が行ったときはオフシーズンだったため残念ながらなかったのですが、オンシーズンだと町中にタダで利用でき自転車がたくさんおいてあるそうです。

自転車の役割をもっと重視した街づくりを日本、特に東京など大都市でしたらどうなるだろうか、以下考察してみます。

事実として、若者が車を購入しなくなくなりつつあるようだ。かつ、免許自体もとる人が減っているし、そもそも人口も減少していくので、車の需要は間違いなく減っていく。
車ではないが、今はオートバイよりも電動機付き自転車の方が売れているそうだ。

車の需要が減っている要因として、
・車を買うことに社会的ステータスの意味合いがなくなってきた。
・大都市の公共交通機関が非常に発達していて、便利であること。
・大都市において車を使うことは、免許取得費用や駐車場、維持費などを考えると、あまり使用しないためにペイしない。
・車は渋滞などが都心部では起きやすく、通勤など時間の正確さが求められるときに不安がある。

ということなどが考えられるだろう。

よって、都市計画を車中心に考える時代ではなくなっているといえる。

また公共交通機関が便利であればそれだけでいいかというと、そうではない問題も多いだろう。例えば、
・商業的に発展するところがターミナル駅などに集中して、そうではないところにお金が落ちにくくなる。
・通勤ラッシュ時など、オンピークの乗車率の高さは、過労や過度のストレスなどの原因になっている。

それでは、自転車専用道路を整備するなどして、自転車利用を進めたときの効用はどんなものがあるだろうか。

・環境付加がきわめて小さい。自転車製造やインフラ整備時に排出されるもののみなので、CO2削減に大きく貢献する可能性がある。
・地元経済の発展に資する可能性がある。
実際に以前中野区区議会議員の奥田けんじ氏に伺った話では、中野区は渋谷や新宿に電車や車ですぐ人が流れてしまうので、駐輪所などを中野区内に多くもうけることで、自転車で移動してもらい、地元で買い物がしやすくする政策を提案したそうだ。
なかなか面白い案である。
・健康増進に資する。
・満員電車軽減。満員電車の解決方法として、電車増発、鉄道増設、オフピーク通勤推進、東京への通勤を減らす、鉄道以外の通勤形態拡充、などが考えられると思うが、この中で一番確実にできそうなのが、鉄道以外の通勤形態の拡充と思われる。他は当分なかなか難しいだろう。


一方で当然デメリットもあるだろう。
・財政が厳しい中で公共工事が増大する。
・自転車と車の接触事故が増大する。実際、私もコペンハーゲンで急に停車した車にぶつかりました。幸い怪我も、あと車につけた傷の保証もする必要はありませんでしたが、事故が起きやすいと実感しました。
・日本の主要産業である自動車需要などをますます押し下げる。

といったことがあげられるでしょう。
ここではその費用対効果の検証は難しいので、提案と考えるべき点をあげるだけにしておきます。
パリもVelibといった公共用の自転車の設置に力を入れ始めているようなので、そういった例をみて効果を検証してみるといいかもしれません。


スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済





現在の閲覧者数: